スポンサーサイト

2015.10.14 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    日曜もだいたい会社にいます

    2010.03.28 Sunday

    0
      ハイドサイドショップです。

      今日は日曜ですが、昨日夕方から立て続けに(ありがとうございます!)
      いただいたご注文と、
      日中にいただいた、大口のご注文への対応をさせていただいております。

      これまでも、ほとんどの日曜も会社に来ています。
      本来は家族のおかげで働けるのですから、日曜くらいは家族にサービスをするべきなのでしょうが、これは能力の問題ですね・・・。
      お恥ずかしい次第です。
      (まずもって、家族は一緒に日曜を過ごしたがっているのでしょうか・・・)

      昨日いただいたお問い合わせの中から、1件ご紹介させていただきます。

      −−−−−−−−−−
      いただいたお問い合わせは
      1)ハイドサイドを数日にわけて施工した場合の色味に違いが出るか?
      2)溶接金網(ワイヤーメッシュ)は不要か?
      というものでした。

      まずは、お問い合わせありがとうございました。

      お客様からお問い合わせをいただくことで気付けることも多くありますし、
      視点を変えることができます。
      メールでもお電話でも結構です。お気軽にお問い合わせ下さい。

      さて、わたくしどもとしての返答は、

      1)色味に違いは出ます。継ぎ目も分かると思います。継ぎ目の部分にハイドサイドを振りかけて、散水してあげると実際には馴染みます。
      しかし、日数がたてば剥がれてくることはなくても、色違いになります。
      「色違いになる」というのは言い過ぎかもしれませんが、せっかくお買い求めいただいた上に、汗をかいて作業されたのに、残念な結果で終わられては、私どもも不本意です。
      なので、100%色違いになるとは言いませんが、良い結果は出にくいと思い、「色違いになります。」と申し上げました。

      2)ワイヤーメッシュという細い鉄線(太い針金?)を格子状にくんだものがホームセンターなどに売られています。
      お客様は、施工の際に必要かどうかというお問い合わせでした。
      駐車場(基本的に軽車両)として使用されるのであれば、お使い下さい。
      通常歩行やお庭の場合は不要ですと申し上げました。
      固まる土の施工には下地の処理(土面や砕石面)がちゃんとされていることが大切です。
      それさえなされていれば、力がかかる方向は圧縮方向となります。
      圧縮方向へは「ハイドサイド」も「土」もコンクリートも強いのです。

      ワイヤーメッシュをコンクリートなどに入れる場合は、圧縮方向への力ではなく、曲げ方向への応力として使用するのだと聞いたことがあります。
      現実に大型トレーラーの出入り箇所について聞いてみると、
      鉄筋やワイヤーメッシュは一切用いず、コンクリート自身の圧縮強さでもっているのだということでした。

      ハイドサイドはコンクリートとは全く違うものです。土と同じく、大きな重量に耐えるためのものではありませんが、上からの力には強いので、特に必要はありません。
      それよりも下地をきれいに作っていただけることのほうが大切です。

      このお問い合わせのおかげで、お一人で広い面積を作業される場合の対応策や、体に負担がかからない方法、継ぎ目の改善など、色々考えさせていただくことができました。
      お問い合わせ、誠にありがとうございました。

      固まる土ハイドサイドのハイドサイドショップ

      固まる土ハイドサイドの紹介サイト

      人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログへ